がん免疫細胞療法 完全予約制ふじみ野UHビルクリニック がん免疫細胞療法

医療法人孝敬会 ふじみ野UHビルクリニック 休診日・水・日曜日・祝祭日

ご予約・お問い合わせは 0120-788-553

CAT療法(がん免疫細胞療法)

文字サイズ標準大

免疫細胞療法の新たなカタチ  CAT療法

CATについて

CAT(CD3 Activated T Lymphocyte)はCD3抗体とIL-2により活性化されたリンパ球です。主にCD8陽性のCTL(細胞障害性T細胞)と呼ばれるT細胞で、一部NK細胞及びNKT細胞も含まれます。CTLは獲得免疫に属し、主として免疫応答の後期を担い、ウイルス感染細胞の根絶やがん細胞の排除を行っています。CTLはTCR(T細胞受容体)と呼ばれる非常に多様性の高い受容体により、非自己を識別しています。
また、1つのCTLには1種類のTCRのみ存在し、1種類のペプチド(タンパク質の断片)にしか反応しないという特徴があります。TCRはMHCクラスⅠ分子に提示されているペプチドを認識し、ペプチドと結合できるTCRを持ったCTLのみが反応してNK細胞と同じ機序により、細胞障害活性を発揮します。このようにCTLは相手を厳選して殺傷することから効率的な非自己の排除が可能となる半面、大量に細胞を増やさなければ十分量の非自己を排除できるCTLを確保できないという面もあります。

治療概要

CAT療法はがんの進行状況(免疫応答の後期)、NK細胞療法の効果が少ない場合に用いることが多い治療法です。
CAT療法は、自己血中のCAT(CD3 Activated T Lymphocyte)を体外へ取り出し、特定の条件下で培養することで活性化(活発に働く)するとともに、大量に増加させ、それを再度体内に戻すことで、がん細胞を攻撃し、がんを縮小させる、あるいは大きくなるのを遅くすることを狙います。

CAT療法・治療概要

副作用・リスク

CAT療法は、患者さまご本人の細胞を用いた治療であることから、重篤な副作用を引き起こすことはありません。
また、投与する細胞は厳重な管理下にて培養調整されるため、高い安全性が確保されています。一時的な発熱や悪寒を生じるケースがありますが、2日程度で軽快します。これは活性化したリンパ球がつくり出すサイトカインと呼ばれる物質によるものと考えられています。

治療方法

  • 来院。診察後、40mlの血液を採取させていただきます。
  • 血液を厚生労働省より認可を受けた特定細胞加工物製造CPCに移動。採取した血液から単核球(リンパ球が含まれる細胞集団)を分離。CD3抗体及びサイトカインを加えて2週間培養し、CATを誘導します。
  • 採血から約2週間後に来院。診察後、CATを100mlの生理食塩水に浮遊させ、点滴にて投与。休憩後、お帰りいただきます。

治療料金

CAT療法は保険適応外となるため、治療費は全額自費負担となります。
治療費は現金のほか、クレジットカード(VISA,MASTER)が使用できます。

  治療費
初回相談料 無料
初診料 10,800円(税込)
登録検査費 27,000円(税込)
CAT療法(1回) 216,000円(税込)

※ 治療費には細胞加工・培養技術、手数料(採血、点滴)が含まれています。
※ 治療費は細胞培養のための採血を行った時点でお支払いいただきます。

がん免疫細胞療法無料カウンセリングをぜひご利用ください

当院では、診察とは別に患者様やご家族の方とのご相談やカウンセリングを行っています。
治療法の説明や疑問点にお答えしています。受診される前にぜひご利用ください。
予約制となっております。ご予約はフリーダイヤルへ。
フリーダイヤル0120-788-553(月~土・9:00-17:30)

がん免疫細胞療法の資料を無料でお配りしています。